一週間後に咲く花へ

L.D.

一週間後に咲く花へ (6) -完結-

 瞼の裏にうっすらと明るさを感じ、アゲハは目を覚ました。 「ん……」  引かれたカーテンの隙間から、爽やかな朝陽がリビングに差し込んでいる。いつもと変わらない、穏やかな朝。そのはずが、すぐ傍らに違和感があった。  寝ぼけまなこで何気な...
L.D.

一週間後に咲く花へ (5)

 手が不自由なアゲハのかわりに、慧生は夕食の後片付けもしてくれた。  きちんと片付いたキッチン全体を見て、この人は本来自分のことは自分でできる人なんだなぁ、とアゲハは思う。  アゲハがこの家に来たばかりの頃は、家中が荒れ果ててひどいあり...
L.D.

一週間後に咲く花へ (4)

「ただいま戻りました、慧生さん」  アゲハが帰宅すると、慧生はリビングのソファから、広げた何かの本を読みながら「ん、おかえり」と返事をした。  何かとデジタル化が著しい世の中、読書もデジタルとアナログを選べるが、慧生は新聞や雑誌、さっと...
L.D.

一週間後に咲く花へ (3)

「……あれ?」  マンションのエントランスから少し離れた植え込みのあたりに、男性とおぼしき人影が二人立っているのが見える。出て行くときには目に付かなかったから、アゲハが外出している間にここに来たのだろう。  マンションに向かって歩くと必...
L.D.

一週間後に咲く花へ (2)

 慧生はどうにか苦心の末に入稿を終えると気が抜けたようで、空気が目に見えて和らいだ。  仕事を終えて気が緩んだ今夜なら、いつもよりもうちょっと食べてくれるかもしれない。今日は鶏肉があるから、バジルをきかせた塩焼きにして、豆腐にルッコラとト...