『妖は宵闇に夢を見つ 蓬莱編』



人は、どうかすると妖よりも恐ろしいから。

シリーズ継続中/和風ファンタジー/人間×半妖/妖・物の怪/放浪の旅/妖退治/シリアス/ほのぼの/切ない/オムニバス/

本編シリーズラストで「蓬莱=人間界」へと赴くことになった夜光と葵、二人の「その後の出来事」をオムニバス形式で辿る続編シリーズです。
旅の途中で出会う人々や、様々な妖絡みの出来事を主軸にしたお話になり、ストーリー的には1作ごとに独立したものになります。
本編とはコンセプトが異なり、原則として「非R18」になることをご了承下さい。

⇒本編シリーズへ

闇迷いの辻

【約8,000文字、読了時間約16分】完結 短編 非R18

幼い少女は、その夜強く願った。愛しく憎い「家族たち」の死を。

闇迷いの辻

肩にいるもの

【約6,000文字、読了時間約12分】完結 短編 非R18

とある峠の道で物売りの男が出会った、不思議な客の話。

肩にいるもの

遣らずの里

【約105,000文字、読了時間約210分】完結 中編 非R18

穏やかな山麓の里。しかし乱れ始めた「山の気ヤマノケ」によって、その平穏は徐々に怪異に呑まれてゆく。

遣らずの里 (一)
遣らずの里 (二)
遣らずの里 (三)
遣らずの里 (四)
遣らずの里 (五)
遣らずの里 (六)
遣らずの里 (七)
遣らずの里 (八)
遣らずの里 (九)
遣らずの里 (十)
遣らずの里 (十一)
遣らずの里 (十二)
遣らずの里 (十三)
遣らずの里 (十四)
遣らずの里 (十五)
遣らずの里 (十六)
遣らずの里 (十七) -完結-

氷雨におとな

【約20,300文字、読了時間約40分】完結 短編 非R18

愛したひとを、私は『月』に奪われた──
人里離れた森の奥へと、その妖は夜光を誘う。氷雨の中での再会は、断ち割られた歪んだ歯車を、再び回し始めた。

氷雨に訪う (一)
氷雨に訪う (二)
氷雨に訪う (三)
氷雨に訪う (四)
氷雨に訪う (五) -完結-